iPhoneカメラの進化

2007年に発売された初代iPhoneには、動画撮影の機能はありませんでした。静止画の画素数も200万画素低く、当時のガラケーと変わらない程度のものでしかありませんでした。また、背面カメラも備わっておらず、現在のような自撮りを楽しむことは、初代iPhoneではできなかったのです。

動画撮影が可能になるのはiPhone3GSからです。背面カメラがついたのがiPhone4から、正面カメラの画素数が500万画素であったのに対し、背面カメラは30万画素と未だ低スペックではありましたが、現在のように自撮りを楽しむ機能がここに搭載されたわけです。

LTEに対応したことで、通信速度を加速度的にあげたiPhone5では、正面カメラの画素数が800万画素、背面カメラの画素数が120万画素と大幅に上がりました。カメラではなくスマホで写真を撮ることが、このあたりから当たり前のようになってきます。

iPhone6以降は、画素数は1000万画素を超えるようになり、画像の鮮明さは手振れ補正などの他の機能によって強化されるようになりました。iPhone7では暗いところでもきれいな写真が撮れるTrue Toneフラッシュ機能が新たに加わっています。

iPhone10周年を記念して発売されたiPhoneXでは、手振れ補正機能、True toneフラッシュはもちろん、セルフポートレートを3Dアニメに変えて楽しむエンタメ機能も追加されました。